紫の怨念つながりか? (追加あり)

ちょっとタイトルが怖くてすみません。

ちょうど今現在、米国家庭連合では2017年1月14~20日まで、ラスベガスのIPECで日本人7日修練会が行われています。



たまたまフェイスブックで、参加してる方が写真を載せていたのを見たのですが、参加者全員が「VISION 2020」のロゴが胸に入った紫のパーカーを着ていました。

金ギフン北米大陸会長も猪瀬全米日本人個団会長夫妻も皆さん紫一色でした。

こんな感じのパーカー

これですぐ思い出したのが、ヒラリー・クリントンが落選した翌日に、家庭連合のニューヨーカーホテルのグランドボールルームで行った、敗北宣言の様子でした。


そんなのたまたまでしょう~という声も聞こえそうですが…

皆さんはどう思われますか?

 

follow my heartさんのコメントより情報いただきましたので、追加します。

img_0544

二代王がどのような生きた悪魔、サタンと闘っておられるのか知るために

もうすでにサンクチュアリNEWSで紹介してくださりご存知の方も多いと思いますし、しつこいと言われそうですが、再度そのYoutube サイトを紹介したいと思います。(弱小ブログであまり影響力ないですが)

サンクチュアリの方でも選挙戦中に「ええ〜トランプはちょっと…」という方がいましたし、まことしやかに存在している既存の全てが、いかにサタンの主権下にあったかという事も、なかなかピントくるものではありません。私たちは今もどっぷりと浸かっていますので。

今年からスタートした「The King’s Report」の中で、亨進様が果敢に闘っておられますので、敵の正体はいったいどの様なものなのか知ることは二代王とトランプの援護射撃をする上で大切だと思います。亨進様の説教を通して多くのサンクチュアリの方は知っていることもあるとおもいますが、より敵の巣窟をあぶり出すためにも私は追求したいと思います。家庭連合の人や一般の人にも浸透する様に。亨進様も「主権」のためにとよく言われますね。ミクロとマクロは連動していると思いますし。

もちろんあくまで参考までということですが、結構ポイントをついて分かりやすくまとめてくれています。(ここで顔を出しているお姉さんなどすごい勇気があると思います。ユーモアのセンスもいいです)

ぜひチャンネルをチェックしていただいて、興味のあるテーマからでも見てみてくださいね。

最新のビデオ

神の領域に到達するのか? A.I. (人工知能)

img_0511「安堂ロイド A.I. knows Love?」

最近解散したアイドルグループ、SMAPの木村拓哉主演のテレビドラマです。
ところで、この時期に国民的なアイドル(偶像、崇拝される人)が終わりを迎えたのは、意味のあることだと感じています。歌は好きですが…

 

あらすじ (wikipediaより)

2013年のある日、安堂麻陽と婚約中の天才物理学者・沫嶋黎士は100年後の未来から来た警察アンドロイドの機体に殺害される。その死は飛行機事故に偽装され、突然婚約者を亡くし憔悴する麻陽もまたアンドロイドに襲われる。だが、彼女の元に黎士と瓜二つの姿を持つアンドロイド・ARX II-13が現れて彼女を救う。彼は未来のクライアントの命令で麻陽の命を守るために現れたという。麻陽はアンドロイドの非情な振る舞いが理解できず当初は反発するが、未来の秘密を守るために彼を黎士が生きていたことにしてなりすまさせ一緒に生活する。そして、次第に彼が人間らしい感情を持つことに気付いて絆を深めていき、安堂ロイドという名前を付ける。未来の警察機体は次々に麻陽のもとに送り込まれ、ロイドはその度に体を張って麻陽を守り続ける。ロイドは黎士が残した麻陽への思いや、仲間同士の友情、支援ロボット・サプリの自分への愛などを知り、感情のプログラムを得て人間の未来とその鍵となる麻陽への思いを強くしていく。

やがてロイドの存在は黎士の妹・七瀬や公安刑事・葦母、麻陽に密かな思いを寄せる同僚・星に気付かれることになるが、彼らは麻陽が巻き込まれ、そのために命を奪われようとしている未来の権力者による陰謀を知り、彼女を守るためにロイドに協力していくことになる。そして、殺された黎士が未来で脳データ化され、その意思が麻陽を守るため2013年にロイドを送り込んだこと、七瀬が多重人格障害であり、その凶暴な別人格が2013年に生み出したのが、警察アンドロイドを支配する謎の美少女ことARX IX-THE LAST QUEEN(LQ)であることが明らかになる。LQは現代の権力者たちをも支配し、麻陽の周囲の人々を次々に襲うが、麻陽と彼女を守ろうとする人々の思いに支えられたロイドはその身を犠牲にしてLQを倒し消滅する。その後、海底に沈むメモリーチップとなって100年の時を過ごしたロイドは、未来から再度麻陽の元に現れ、メモリーを抜いた肉体に黎士の脳データをインストールして黎士を麻陽の元に復活させ、二人の未来を守ることを約束してサプリと共に去っていく。

 

ドラマを観た感想は、

◎舞台設定となる世界情勢(New World Order 的)、エリート中央政府・国家権力がSFであっても現実社会と似てる。

◎総理大臣が善人であった事にホッとした。

◎真実を貫くと周りが全て敵になり孤独だ、ヒーローものによくあるな。

◎やはり最終的には人間の5%がカギなのかな。

◎人工知能がどんなに有能であっても、人間の主管下にあって初めてその良さが発揮されるんだな。あくまでも狂人でない人限定ですが(暴走したアンドロイドの恐ろしさよ)。

 

***************

 

最近はいろんなところで自動化が進んでいます。
便利になったりコスト削減できる反面、素っ気なく感じてしまったりします。
それに伴い職を失った人もいるでしょう。
自動改札、自動のレジ、電話の受付など。
もっと上級なものですと、車の自動運転なんかもA.I. のうちに入るのでしょうか?

 

img_0517img_0518

ペットロボットショップ
こんなおもちゃもありますね。
動物のロボットなどの利点として、実際に飼ったときのような手間がかからない、とあります。
子供のロボットは介護の補助になるともありました。

私はやはり、犬や猫を飼うなら生きたのがいいですね〜

皆さんはいかかですか?

 

2017年1月6日のキングズレポートでA.I.のことを語っておられたので、このドラマを思い出しました。

 

 

 

人工知能について知りたいかたはこちらへ        🈁(社) 人工知能学会

 

 

 

家庭連合とその他とVR(バーチャルリアリティ)

VR (バーチャルリアリティに陥ってしまった私たち

別のブログの記事ですがこちらにも転載したいと思います。

**********

 

家庭連合に限らず、再臨のキリスト真のお父様のメシヤ観が皆それぞれだなと感じるこの頃。

顕進様派、4研、他の分派と言われている人たちは、

「自分が望むメシヤ像」

これがあったのではないかと思います。

もはや家庭連合は支離滅裂状態です。

あの神山会長でさえ、お父様が愛情深く説得してくださっても、ご自分なりの正義感で

あくまでもお父様に反論されていました。有名なボート上のみ言

代身者・相続者の揮毫もだまして書かされたとか、「後継者」とは言われたことは無いとか無理矢理正当化しています。(調べたらほとんど同じ意味でしたが…)  「これすべて亨進なのに」

それでこのような光景が浮かびました。

 

img_0506

FB のマーク ザッカーバーグ

img_0507

 

このディバイスに、

どの様な情報を入力するか…..
できれば、一番自分が望む都合のいい内容にしたいのが普通ですね。

自分の人生設計だったり、家族のあり方。
他人に対するイメージなども。

めんどくさい場合は、大量生産によってすでに意図的に入力された物を購入して満たされたりする。
装着してる最中は癒されたり、満足していても、実際は家のソファで一日中座っていただけ….ていう事になりかねませんね。でもそれを一生涯着けていたら、
現実の素晴らしい世界を実感する事なく地上生活が終わってしまうって事ですね。

 

時には現実と対峙するのが怖いものです。
できれば無かったことにしたいのです。
簡単ではないというのはうすうすわかりますので。
夜は暗いし、寒いし暑いし、猛獣が飛び出すかもしれない。息が上がることもある。
心のどこかでは現実を放って置けないと感じても、誰かが、もしくは自動的に解決してくれる、、、と自己暗示をかけてみたり。

血肉を通して実感する現実世界からのみ、本物と出会えるのだと思います。
現実世界とは目に見えるものだけではありません。いわゆる無形実体世界も含めてです。
でも私たちは長い間、サタンが築いたバーチャル(既存の価値観など)に酔いしれてしまったため、分からなくなってしまいましたね。
原理講論 総序の出だし「人間は、何人といえども、不幸を退けて幸福を追い求め、それを得ようともがいている」
このことが紛れもなく、古今東西老若男女全ての人が望んでいるもので普遍的なものです。
一人一人が、サタンに装着させられた(サタンに誘われ自分で着けた)
VR(仮想現実)をはずし
実体の世界、人々、自然などに直接出会い
そして真実の情報をもっと取り込んで

最低限、誠実な判断をすべきと感じます。

 

二代王もブッシュクラフトを通し、ブラジリアン柔術を通して

教育してくださっていますね。

「アトランタはアンタッカウンだね」

本当に嬉しい情報がありました!

もうすでに主要なブログでも紹介してくださいました。

皆さんありがとうございます。
姜賢實先生がサンクチュアリに来られました!

 

私の中では、大げさでなく

「そうでしょ!そうなるはずですよね、お父様!!」

と言う気持ちで鳥肌立ちまくりです。

この気持ちにはそれなりの、裏ずけといいますか根拠があるんです。

「お父様はどんな時にもかわらずに、役事して下さるんですね?

心から感謝いたします!」

とお伝えしたいです。

 

 

15年以上前にさかのぼりますが、もうすぐ大勢の宣教師が聖職者祝福に向け、日本から動員されてここアトランタにやって来るというときのことです。

忘れることのできない、強烈な出来事がありました。
その当時しばらくここでは水面下で壮絶なバトルが展開していました。

戦いの当事者は、米東南部6州の中心である教区長夫妻と 、韓国人教会の二世の教会長夫妻でした。(この教区長が後にお母様の側近にまで上り詰めるとは…。二世の奥様はカープ開拓功労者の娘さん。)

いわゆるツートップなわけですが、厄介なことはその事実を私以外の誰も知らなかったということでした。

なぜなら、最前線はうちのダイニングテーブルでしたので。

普段はどちらも責任者ですから何事も無いように、公的場面ではつくろいながらもお互いしか感知しない攻撃があったようです。

どちらかというと、教区長が若手の二世教会長をいじめたというのが私の印象です。今的に言えばパワハラでしょうか?

それで実戦は、両方のサモニム(奥様)が交互に我が家に訪れ、お互いの事を言い放って帰るというのが続いたわけなんです。ですからダイニングテーブルが最前線というわけでした。

 

二世のサモニムは霊界のお父さんと交流したりとか霊的に敏感なところがありました。

それで「昨夜教区長(実際は名前を呼び捨て)の霊がやって来た」とか 「(集会の壇上の)教区長がスカル(骸骨)に見えた」とか言われるので、私もおかしくなりそうでした。

 

その事を誰にも言えないという苦しさがありました。当人どちらにも分かったら困るし、ここの最高責任者のことですから…

 

七転八倒しながらも他にも人種間の問題とかいろいろ複雑にありましたので、教会の敷地にある聖地に40日通ったりしながら過ごしていました。

もう直ぐ宣教師がやって来る、どうなってしまうのだろうと不安が押し寄せました。

そんなおり、ふと頭の中でよぎった思いが…

(こんな時、前にも来てくださったアンティグアの国家メシヤの金鎮文先生がお父さんとして来てくださったらいいのになぁ…

あ、でも国家メシヤは今ハワイでお父様の修練会中だからムリだよね〜)

そうしたら、2日もしないうちに
「◯◯さん!お父様がハワイでの修練会を中止して 、全米各州に国家メシヤを送ってくださることになりましたよ!」

と連絡が入りました。そしてアンティグアだけでなく、ロシアの国家 メシヤの姜賢實先生までも送ってくださるというのです。

私は全身身の毛が立つほどの、嬉しいけれど そこまでお見通しですか?!という衝撃を覚えました。

しつこいですが 、これは祈ったわけでも、独り言をつぶやいたわけでもなく、

ほんの一瞬、頭をよぎっただけなんです。

そんなこんなで、二世のサモニムが 姜賢實先生 に問題を相談しながら、

「あの人たちに言うことはできないので(どうにもならないので)、あなたが忍耐しなさい」

とご指導くださいました。

宣教師にも全体的に見守って くださりながら、その動員期間を過ごすことが出来たのでした。

 

先生がたが ニューヨークで行われた祝勝会に行かれ、お父様に

「アトランタから来ました」と姜先生がおっしゃったら、

「アトランタ…アンタッカウンだね」

と、お父様がおっしゃいました、と報告してくださいました。

それを聞いた私は、「やっぱりそうなのか…」とさらに深刻さを実感したものです。

腹をくくってかからなければならないのかと…(ー ー;)

 

아틀란타(アトランタ)=Atlanta

안타까운(アンタッカウン)=切ない

 

お父様がよくされる、言葉の音の語呂合わせ?だと思いますが、

音が似ているのかと突っ込まれそうですが、

「切ない」という意味は

どんぴしゃりであると実感したものです。

 

 

ということで、皆さんにお伝えしたい内容は

お父様がその様な方であるということでした。

このことは私が話さなければ、誰も知らずなんでも無いこととして流れるものです。

実際、うまく伝えようとして試みたことはありましたが

私の足らなさゆえに簡単に聞き流されてしまったことがあり、

お父様を証しきれないことの不甲斐なさを思い知らされました。
この度、姜賢實先生が二代王様、勝利されたカインとアベルのもとに戻って来られたのも、

まさにお父様の導きであると、あらためて感動いたしました!

ご本人もそうおっしゃいましたね。
懐かしいお父様、心から感謝申し上げます。

言葉では足らないほどです。

この戦いに負けるわけにはいきません

二代王のみ言を学べば学ぶほど、今まで自分が理解していたことが、なんて低い次元だったのかと思い知るこの頃です。真の父母という内容、真のお父様についてもなんと狭い視野で見つめてきたことか…

お父様が御聖和されてからの混沌の時を思えば、生きて働いてくださる神様とお父様を日々実感できることに、言葉では表現できないほど感謝の気持ちで一杯です。

同時に誰も理解しない中で戦ってくださった苦悩が、やるせないほど申し訳ありません。

今もお父様の権威に立ってあらゆる誹謗中傷、迫害を諸共せずに前進してくださる二代王様が、いかに困難を突き進んでくださっておられるのか…

 

今のアメリカで起きてる出来事も、国と世界を二分するほどの勢いです。トランプ次期大統領の使命を多くの真のクリスチャンやサンクチュアリのシックが真実を伝えて下さっていますが、まだまだたくさんの人がサタンの洗脳下にあって知らずに反対しているのです。

「父よ、彼らをおゆるしください。彼らは何をしているのか、わからずにいるのです」と、イエス様が語られたことを思い出します。

家庭連合の兄弟姉妹のことを思えば、本当に切ないです。

だからこそ、この戦いに私たちは絶対に負けるわけにはいかないのです。今始まったばかりの。

亨進様2016年11月27日説教「王国は近い」」

一つの公約であった、エアコンの企業の1000人の雇用を守った

大統領就任前に、公約の一つであったエアコン企業の雇用1000人を守った

 

 

以下にお父様の真実のお姿を垣間見る、素晴らしい証が掲載されていましたので自分のためにもここに残しておきたい思いで、転載させていただきます。

増田ご夫妻は以前アトランタに住まわれ、沢山恩恵をいただきました。

『いつも私のとなりに神様』イエス様を「あの男」と呼ばれたお父様!その所以は!?より

ー増田勝先生(777双)の証ー  (一部省略だそうです、太字は私の感じたところとして変更しました)

さて、私がどのように真のお父様
に出会ったのかをお話ししましょう。
1965年1月に、真のお父様は日本に聖地を
決定されるために来日されました。
そのときが、私にとっての真のお父様との
最初の出会いでした。

真のお父様もうれしそうに、
元気にみ言を語り続けてくださいました。
満面に笑みを浮かべての説教でした。
一動作、一動作に
“こんなにもあなたたちを愛している”という、
真のお父様の世界を感じ取りました。

話が進んで、お父様が
「何か聴いてみたいことがある?」と、
私たちに問われました。
「UFOは存在しますか?」などと、
面白い質問が出ました。
中には、全くばかげた質問もありました。

そのとき、だれかが手を挙げて質問しました。
「イエス様はどういうかたでしたか?」。
この質問には深い意味が隠されていると思います。

そのときに、真のお父様がどのように答えられるか、
その答えが、私にとっては非常に大切な答えだったのです。
クリスチャンとしての私にとって、
イエス様は「救世主」です。
それは、統一教会に来てからも変わらないのです。
むしろ、既成教会にいたときよりも
大きな位置を私の中では占めていました。

そのとき、真のお父様は一瞬、天井を見られてから、
すぐに下を向かれました。
そのとき、答えはどのように発せられるのかと、
会場はシーンとなりました。

ボタボタと、水滴の落下する音がしました。
その後、再び真のお父様が真正面を向かれたとき、
それが、お父様の涙が床に落ちた音だと知ったのです。

そして、静かに語られました。

「あの男は、かわいそうな男だったよ」

この一言は、私と真のお父様との重要な出会いとなり、
絆を結ぶ言葉となりました。

しかし、この言葉は、
イエス・キリストを信じないで来た人、
その反対にイエス様を深く愛した
クリスチャンであるけれども、
「(統一)原理」を聴く機会を逃した者にとっては、
考えることのできない言葉です。
イエス様を「あの男」と言われたのです。
聞き方によっては、非常に乱暴な言葉でした。
でも、その言葉を聞いたとき、
震えるほどに私は感動したのです。
そして、“このかたはイエス様である”と思いました。
2000年の時を超えて、
“イエス様が、ここにお立ちになっておられる”
と思ったのです。

普通であれば、イエス様を三人称で呼ぶ場合、
「あのかたは…」と敬称をつけて言うでしょう。
ところが、真のお父様は「あの男」と言われたのです。
普通、会話で自称に敬語は使用しません。

真のお父様が、イエス様を「あの男」と言われたのは、
自称で言われたのです。
「あの男」と語られた真のお父様は、
イエス様を客観的に見詰めるのではなく、
十字架をご自分の痛みとして、
無念の心情を見詰めておられたのです。
だからこそ、「あの男は、かわいそうな男だった」
と言われたのです。
そのとき、時を超え、歴史を超えて、真のお父様は
イエス様を見詰めておられるからこそ、
私は“このおかたは、イエス様である”と思ったのです。

“イエス様の再臨として、目の前にお立ちになっている”
と思いました。
そのとき、名実共に、真のお父様はイエス様の再臨として、
私の心の中で合致したのです。

198912 (991x677) (2)

 

この証で私の中でつながった、シャボン玉さんの記事も一緒に載せさせていただきたいと思います。

『シャボン玉のブログ』今まで聞いたことのない内容が書いてある原理原本。そして原理本体論の話より

<原理原本 原文>

원리원본-제2편 창조원리와 타락섭리 – 제1장③

原理原本 – 第2編 創造原理と堕落摂理 – 第1章③

제2절 그렇다면 타락의 시작을 알아보자.

第2節 それでは堕落の始めを調べてみよう。

아담 해와가 범죄 하고보니 본래 아담 해와에게 주입하여준

하나님의 근본 자체인 터 즉 생심을 중심하고 장성하여

하나님이 임제할 수있는 터 자체 즉 아담의 영인체는

악을 범한 자체의 몸에 있을 수 없으므로 하나님이 거두심이었다.

アダムとエバが罪を犯したので、本来、アダムとエバに注入してあげた
神の根本それ自体であるところ、すなわち『生心』を中心として成長して
神が臨在できるところ、すなわち、『アダムの霊人体』は
悪を犯したその体にいることができないので、神が取り上げられた。

그런고로 법죄 하기 전에 영인체 자체가 하나님 우편에 계시었다가

제2 아담 격으로 보내심을 받은 그 분이 즉 독생자 예수였다.

독생자라는 명사도 여기에 명백하게 되는 바이다.

죄를 짖기 전 아담의 영이 예수의 영에 주임 받아 오심이 근본 목적이었다.

それゆえに、犯を犯す前に、霊人体自体が神の右側におられたが
第二アダム格として送られたその方が、すなわち、独生子イエスであった。
独生子という名詞もここに明らかにされるものである。
罪を犯す前のアダムの霊がイエスの霊に注入されて来られることが根本目的であった。

그런고로 예수는 죄를 짖기 전 아담의 완전 성숙한 존재로 나타나서

복음을 시작하심은 무슨 목적이냐 하면

잃어버린 자녀들을 찾아 옮겨 놓고자 함이 근본 목저이다.

それゆえに、イエスは罪を犯す前のアダムの完全成熟した存在として現れ
福音を伝え始められたのは何が目的かというと
失われた子女たちを探し、移しておこうとすることが根本目的である。

그런고로 오날 인간은 원수의 몸에서 구속받고

참부모를 잃어버리고 사니

그 양심적 고통은 이 사실을 알려주는 간접적 자극이다.

それゆえに、今日、人間は恩讐の体に拘束され

真の父母を失って生きているので
その良心の苦痛とは、この事実を知らしめるための間接的な刺激なのである。

그런고로 우리는 예수의 품으로 올겨 놓아

하나님을 근본 아버지로 직계혈통 관계를 맺지 않으면 안될 중대 책임이 남아 있다.

이것이 예수님이 오셔서 성사를 완성지 못하였기에

재림의 요구가 되게 되었다.

それゆえに、私たちはイエスの懐に移されて
神を根本の父として直系血統の関係を結ばなければならない重大責任が残っている。

イエスが来られたが、これを完遂できなかったがために
再臨の要求がされるようになった。

鶴の一声が得意な人 ーボストン教会売却ー

サンクチュアリNEWSより売却話に揺れる家庭連合ボストン教会

 

 

何やらボストン教会が

K.K氏の胸先三寸で売却が決定された様ですが…

 

 

教区の本部に対する借金を、私の後任の会計に変わってすぐ

教区長とのやりとりのみで

K.K氏が鶴の一声で揉み消したっけ…

教区が破綻していることを

多くの地元のメンバーは今も知らないだろう。

 

 

 

説明をしているM.J氏にしても,時の流れに身を任せている

 

お父様がキリスト教会の十字架を下ろす運動をせよと言われていた時

まだやらない様にと命令してたのに

宣教師がこっそり進めていき

証が上がってくると自分の手柄にして。

 

 

 

昔から変わらずの安定感ですね。