拉致監禁問題

730日。これがどういう数字なのかピンときた方はどれほどいるであろうか?

1年は365日である。730日はその2倍、つまり丸2年だ。

今から2年前の1月2日に何がおきたのか。
石橋正人君が帰省した実家から、所属していたの家庭連合(統一教会)の教会に何の連絡もなく、忽然と姿を消し行方不明になった。

これに対して、国際的人権団体「国境なき人権」は2014年2月21日にニュースレターを出した。
「国境なき人権」が現在失踪中の被害者に関するニューズレターを発行
ニュースレターでは
「彼は正月以来、所属している新宗教運動から強制的に脱会させるために、家族によって意思に反して拘束されています。」と記されている。

「国境なき人権」のニュースレターだけでなく、次の事実からも石橋君が意思に反して拘束されていることがわかる。
「石橋君の住んでいたアパートはずっと家賃滞納のままで、大家さんも大変困ってるそうです。」~事情通

もし本当に、石橋さんが自らの意思でご両親と話し合いをしているだけなら家賃を滞納したままということはないでしょう。
社会人としての常識の範囲内ですから、自ら賃貸契約を解除し家財を実家に移す等します。

職場があれば、マザコンでもあるまいし本人が直接連絡するのが常識。

しかし、石橋さんから連絡があったという話はありません。

「拉致監禁」肯定派の所業は、棄教させるためには周りの迷惑、社会常識など関係なく”小事”ということなのだろう。

いいか、2年だぜ。2年。

よって、石橋正人さんが自らの意志に反し拘束されているのは間違いない。
※この場合の「拘束」は、後藤裁判判決同様「監禁」と同義語です。

以上「秀のブログ」より転載  元の記事です

いま一部で物議を醸し出している、文仁進様がLLM最盛期の(一部としたのは、私の所では公文さえもなかった。一責任者がせき止めた。昔からそれが現実) いまから四年前の今頃、二人の二世が自転車でアメリカ横断という挑戦がありました。

先ず一人の青年の決断から始まり、必要経費もカンパを募って達成したことですが、米国家庭連合も同調し、伴走とレポートもしてました。私もスタート地点の州議事堂の壮行会に駆けつけました。

目的は日本での拉致監禁問題の存在を知らしめる事と、当時は訴公中だった後藤徹氏の裁判勝利を願ってのためでした。

最近、家庭連合がピースロードラリーをやっていましたが、上記のイベントからアイデアをもらってると見てます。

 

 

遠藤周作「沈黙」。直接関係あるわけではないのですが、20年ぐらい前に初めて読んだとき、拉致監禁被害者の事を思わされ、自分に置き換えて考え、とてつもなく恐ろしい想いが 押し寄せてきて、今も直視するのが怖いテーマです。

 

まだ、思い出にしてはいけない現実であると思います。

 

今私にできることは何なのだろう…

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

広告

拉致監禁問題」への2件のフィードバック

  1. 私も沈黙は何回も読みました。
    遠藤周作さんの作品はほとんど全て読んだと思います。
    本棚には今も氏の本があります。
    上智のイグナチオ教会で行われた葬儀の折には外からですが冥福をお祈りしました。
    沈黙は確かに棄教を迫る者とそれを耐える者と神の沈黙を扱っていて、今も監禁されている兄弟姉妹の姿が重なりますね。
    私にできることはなにもないなと思いますが。

    いいね: 1人

    • エッグさん、コメントありがとうございます。嬉しいです。

      確かに、虚しいですがなにもできませんね。

      沈黙は、トラウマになるかってほど後を引いた作品でした。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中