心から、感謝の思いをこめて

親愛なる◯◯◯◯様

先日は、驚かせ、そしてきっと失望させたことと思います。
お気持ち、お察しします。

それでも、私自身の口から直接伝えられたことは、心から感謝しています。
ここ数ヶ月、それこそ、こちらに訪ねられた時から気になっていましたから。会話も何か噛み合わなかったり、元気がなさそうでしたので、てっきり私の噂を聞いているのかと思ってました。私の勘違いであったわけですが。

誰もがこの現実を、 正面から受けとめようとすれば、混乱・混沌・混迷が生じることは必至です。

誰も望んでいないのです。 誰一人として。でも全ての祝福家庭が、真摯に向き合い、悩み、決断をする時だと思います。
この判断を第3者に委ねるべきではありません。そして、誰にも強要してはなりません。

神様と真の父母様に各人が 直接尋ねて、自由意志と責任を持ってなされるべきです。
(真の父母様とはあくまで再臨主である、お父様が主体であります。新しい神学を作らないでください)

ちらっと見て、自分には受け入れられないからと、それで全てを判断するのは、余りにも手抜きに感じますが、それも一つの意見です。

ですが、後になって、お母様やバルコム会長、猪瀬夫妻や組織や、家族やその他の方のせいにされませんよう、くれぐれも、お願いいたします。

私がおかしくなった事と思っておられるでしょうが、全く何もかわっていません。私達夫婦は、お父様が聖和されて以来、初めて魂の喜びを実感しています。

お父様が代身者、相続者と立ててくださったことに、三代王権に、亨進様、國進様に心から感謝しています。

お母様のこれまでの歩みに感謝しますが、お父様から離れ排除されている、現在のお母様には着いて行こうとしても、あり得ない現実を目の当たりにして、打ちのめされそうでした。

イメージだけでなく、今のお母様の言葉と行動をしっかり確認されることをおすすめします。(最近では、クリスマスの時の講話)

 

お父様を失うことは、死んでもできません。

 

一つだけ。

表面的に、耳に聞こえのいい事だけが真実とは限りません。むしろその様な人こそ、自己中心で根底は恐ろしく、そして冷ややかであるのを、嫌という程体験してきました。

繰りかえしになりますが、神様とお父様に「直接」祈り尋ねて頂きたいです。

多くのシックが、固定観念から脱出できないで、一般常識的な判断だけで真の御子女様がたを裁いてます。

そもそも、誰が言い出したか知りませんが、H1 ・H2  この表現、大っ嫌いです!

亨進様と國進様が何の悪事を働いたというのでしょうか?

思い起こして下さい!当時を。直視して下さい!現在を。

お父様の御聖和を前後した時期に、先頭を切って神様とご父母様と一体となって、全米各地でシックの混乱を癒すために、誰も引き受けたくない内容を正面切って対応して下さったことを!

その隙間に、急に会長交代になった!

みなさん、身の切り替えが早過ぎ。何でそんなに簡単に方向転換できるのか。少なくとも、もう少し悩みなさい!と言いたい。

亨進様が組織や幹部そしてお母様を、激しく批判され始めたのはほんの一年前でした。それも、真実を明らかにされただけです。

お母様が削除されましたが、「平和の主人、血統の主人」にお父様のみ言ではっきりと、お母様が間違ったなら正してあげなければならない、という内容が記されていました。

 

私に対しあきらめの様な気持ちを抱かれたのを感じました。聞いたばかりでショックだから、という事も言われていました。それでも、もっと深いところで繋がっていると思っていましたので、正直、潮が引くようにサーっと冷めるような空気には、焦りました。私の方が間違った方向に行ったという、お考えですから当然といえばそうなのでしょう。

でも逆に私には、神様とお父様を捨てた現在のお母様と教会と一体化すると、こうなってしまうのだろうかと感じました。元気・覇気がなく、自信喪失したような…。他のかたでも同じような現象を目撃したからです。

こんなメールを送れば、◯◯さんが傷つくだろうと思い、一度下書きのままにし、送るかどうか悩みました。

今もこれからも、私の◯◯さんに対する気持ちは微塵も変わることはありません。無期限断食で伝道して下さったことを、永遠に感謝いたします。

 

ですが、二人を出会わせて下さった、真のお父様が懐かしく慕わしく、もっと悲惨だったと知った今、私のほうから離れるわけにはいきません。なので、避けられないこの痛みを一生背負う覚悟で、このように記すことにしました。

イエス様も、再臨主・真のお父様も、教会や組織を造る為にこられたのではなく、血統転換を通して全人類救済にあるのではないですか?

 

私は何でも◯◯さんに相談してきましたね。随分前でもうお忘れかもしれませんが、「一度全部潰して、初めからやらないともうダメだと思う」とこぼしたことありましたよね?

そう悩んでいたら、亨進様、國進様が立ってくださいました。私は何も変わっていません。お父様が、導いてくださっただけです。

ただ思うのは、私たちの中に、神様とお父様が働くことが出来る、empty space はとっておいたほうがいいということです。

 

間をあけたり、思いのまま綴りましたのでまとまりのない内容になってしまったと思いますが、それも含め、私自身の率直な思いをお伝えしたいので、あえてこのまま送りたいと思います。

 

心から、感謝の思いをこめて

☆☆☆☆拝

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本日、霊の親にメールを送信。

 

関連記事避けられない痛み

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

広告

心から、感謝の思いをこめて」への2件のフィードバック

  1. 大変な思いをされて書かれたメールですね。思いが伝わってきます。霊の親の方に、先駆者さんのその思いが、届くように願っています。書かれた先駆者さんの思いを霊の親の方が察して下さるように!

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中