特別精誠という名の違法

在米日本人の方なら、「特別精誠」と言えば具体的には何を表しているかご存知のことと思います。

日本や韓国の現在のシステムは知りませんが、米国家庭連合では年明けのこの時期、前年の献金の領収書を送付します。その他の女性連合、個団献金もそうです。

この在米個団から要請される「特別精誠」は何の記録もされないものです。米国の会計本部も感知してはいけない、見て見ぬ振りをしないとまずい内容です。

以前からいろんな名目で行われてきていましたが、ここ数年は御生誕日に合わせるのが恒例となっています。

お父様がダンベリーに行かなければならなかったのは、私の不信仰ゆえであると思います。現場でもその事ゆえ人一倍気を使うようになってきています。

ですが、一方ではこの「特別精誠」が今も行われているのが現状です。

日本の皆さんが投入した内容からすれば、比べ物にならないとは思いますが、たとえ額が少ないとしても公金に対する姿勢に全てが現れるというのが現実です。隠す事はできません。できるとすれば、同じ価値観に染まっている者同士の間だけでしょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中