とても切ない場面

お父様とお母様がよくデュエットで歌われるお姿を、私たちシックは本当に嬉しく拝見していました。

昔はU-ONEニュースだったでしょうか?

前線の歩みで疲れきっていた心が、癒される場面でもありました。

亨進様と国進様が晩年のご様子を明かしてくださるようになって、お母様がお父様から離れていかれた事実を知ることになりました。

以下で違う年代のデュエットを見比べて見ましたが、明らかにお母様は変わっておられました。

お父様はずっと変わらずお母様を見つめながら歌われておられるのに…

本当に切なくなってしまいました。

*****

1980年1月1日神の日祝賀会 ニューヨーク【お父様がリズムを変えながら歌われ、お父様を見つめながら健気に合わせておられるお母様】

*****

2007年3月19日 ハワイにて【8:49お母様の歌の後お父様とのデュエット。そのままお母様の肩を抱かれながらみ言葉を語られるお父様】

*****

2012年5月18日新氏族メシア3600名原理本体論30日特別教育の開会式 清心平和ワールドセンター【28:07お父様のお気持ちはデュエットと思いますが、お母様はソロで熱唱という様子】

*****

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

広告

とても切ない場面」への2件のフィードバック

  1. お母様もだんだんと無表情、感情ない冷めた雰囲気になっていますね。
    ところで、真ん中のビデオで、7:59秒から、顕進様がマイクを持って歌われ、そこに郭ジョンファン氏、亨進様もおられて、ご父母様を前に皆が一緒にまるで子供のように楽しく歌って踊っている姿が映し出されていて、今の現状を思うと本当に胸が切なくなってきました。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中