異端者、爆破者とは?

一年前に亨進様が真実を語ってくださっていると気が付いていから、どういう訳か他の色んな考えの方たちからのアプローチがありました。家庭連合は勿論、顕進様派、中山グループ、駒場グループと呼ばれているのを支持している人達です。

元々親しくしている人達でしたし、出来るだけ熱心に話に耳を傾けるようにして、そこにも何か真実があるのではないかという思いで、勉強させてもらったりしました。

もう少し遡れば、夫が統一教会に伝道される直前に、モルモン教の洗礼を受けていた(日本で)のをたどって、その当時の住まい(米国)を見つけ出し訪ねてくださったり、

在米日本人のエホバの証人が電話帳の日本人らしき人をめがけて訪問して来て、統一教会員であると告げても、毎週通ってくださり勉強した事もありました。

この様にいろいろ内容を知れば知るほど、本物が更に鮮やかに発色するようになるということを、身をもって体感実感する様になりました。

本物とは言わずもがな、真のお父様を中心とした三代王権です。

その本物以外は、ほぼ性質が似たり寄ったりという事も分かりました。そしてその思想は、韓氏オモニの主張に限りなく近く、キリストの血統(種)を否定することにたどり着くものであることです。

一つのある例を挙げれば、神様95%と人間5%の責任分担の原理の内容に掛けて、人間の5%で残りのみ言を探し出して完成すると考えていて、新しく独自の解釈を加えているのがあります。(私から見たら、日本語ではしといえば、橋、箸、端とある中で好きなのを選ぶ、という次元ですが。)

母の国からの聖霊のみ言として。それは女神信仰に近いと感じます。

ある意味韓氏オモニの神学を助長するものと言えます。

お父様は八代教材教本に全て残した、遺言であると言われました。

また、皆さんもすでに幾度となく見ていると思うビデオの中で、「これが全てだ」と繰り返されている内容が、

「万王の王、万王の王が、真のお一人の神様、真の父母様もお一人の父母、万世代に天と地に、どんな国に、時代に、民も一人の血統の国民、一つの天国の子女だ。血筋が同じ。天宙平和統一連合本部は、本部も絶対唯一の本部だ。この本部が二つあることはできない。天地平和統一連合という言葉はないと、統一、統一とします。統一本部も絶対唯一の本部だ。その代身者、相続者は文亨進だ。それ以外の人は異端者であり、爆破者だ。その内容は、以上の内容は真の父母様の宣布文だ。文鮮明!として印 を打ち、2010年4月23日」

「ここ、代身者、相続者は文亨進だ。それ以外の人は異端者であり、爆破者だ。その内容は、以上の内容は真の父母様の宣布文だ。これ以上どうすると。」

「認定がなんだ。亨進が本部だ。これ全て亨進なのに。」

10575_12214_3215

英語訳が"one set of True Parents”となってるのが微妙な気がしますが…(・・;)

マタイによる福音書 9:20 するとそのとき、十二年間も長血をわずらっている女が近寄ってきて、イエスのうしろからみ衣のふさにさわった。9:21み衣にさわりさえすれば、なおしていただけるだろう、と心の中で思っていたからである。9:22イエスは振り向いて、この女を見て言われた、「娘よ、しっかりしなさい。あなたの信仰があなたを救ったのです」。するとこの女はその時に、いやされた。

*この女の人は心の中で思っただけなんです!一言も喋っていません。

ルカによる福音書 23:39 十字架にかけられた犯罪人のひとりが、「あなたはキリストではないか。それなら、自分を救い、またわれわれも救ってみよ」と、イエスに悪口を言いつづけた。23:40 もうひとりは、それをたしなめて言った、「おまえは同じ刑を受けていながら、神を恐れないのか。 23:41 お互は自分のやった事のむくいを受けているのだから、こうなったのは当然だ。しかし、このかたは何も悪いことをしたのではない」。23:42 そして言った、「イエスよ、あなたが御国の権威をもっておいでになる時には、わたしを思い出してください」。23:43 イエスは言われた、「よく言っておくが、あなたはきょう、わたしと一緒にパラダイスにいるであろう」。

*この 右の強盗といわれている人は、本人が言っている様にこの瞬間以前はずっと強盗をしてきた人です!イエス様とは何の関係もなかったでしょう?

ヨハネによる福音書 14:6    イエスは彼に言われた、「わたしは道であり、真理であり、命である。だれでもわたしによらないでは、父のみもとに行くことはできない

*これだけ見たら強烈に過激な発言ですね!    Eden Media  という陰謀をあばいているYoutubeクリスチャンのチャンネルでも、イエス様に反するのはみなサタンだ!とかなりハッキリ言い切っています。

私達に与えられた5%とは、再臨のキリストである真のお父様とその権威(血統と三代王権)を受け入れることなのではないでしょうか?他の全てのものはすでにお父様によってあたえられている。

亨進様の2月13日以降の説教を通しても、いろいろクリアーになってきています。しつこいようですが、3000双のお父様の権威に戻ってきた人達は、何か素晴らしいとかではないという事です。

すべては神様、お父様、三代王権の勝利の故なのですね。

そういうことで最近私の中で、

結局この世界は

キリストかそうでなければ、あとは反キリストなのでは⁉︎

という思いがめぐっている状態なんです。

サタンが複雑化してしまっているものの、実はシンプルなのかもしれません。

何はともあれ、お父様(三代王権))を掴んで放さず、天の武具を纏い、度胸を持って越えて行きたいですね。

✨✨✨「これ全て亨進なのに」✨✨✨

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

広告

異端者、爆破者とは?」への2件のフィードバック

  1. >サタンが複雑化してしまっているものの、実はシンプルなのかもしれません。
    私もそう思います。
    天の武具も大切ですね。これなしではサタンにやられてしまいます。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中