天一国一般教書演説(文亨進二代王)8/19/2016 (その2) -リブログ-

>しかし全身の力であなたをつかまえて下さったのはお父様であったと今わかったでしょう。

ありがとうございます。

 

 

 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

 

 

サンクチュアリ NEWS

*何回かに分けて掲載する予定です。(その2)

天一国一般教書演説(文亨進二代王)8/19/2016 (その1)

天一国一般教書演説 8/19/2016

14045887_928766007233414_1610980686477265081_n.jpg

お父様は基元節をDデーと呼ばれて世界を基元節へと導いてこられました。
しかし韓オモニの権勢欲と野心のため世界は審判の運命を避けることができなくなりました。私の実の母ではありますが個人的な情や思いで判断することができません。なぜならお父様の王権を守るという責任があるからです。

数えきれない中傷。嘘に付き従うすべてのメンバーが私達に背を向ける中、この地に来て闘わざるを得なくなりました。

お父様は三代王権を据え、信俊を第三代王に定められました。詐欺師たちは偽りを述べて信俊を天正宮に幽閉しようとし、幼き信俊にお父様を裏切る背徳の祈祷をさせようとしました。私が目撃した事実です。

天正宮に息子を残しておくとどのようなことになったでしょう。「信俊を王宮に置いていけ」という詐欺師の口車に乗っていればどんなことになったと思いますか。息子を堕落した立場に貶めることで三大王権をサタンの口に投げ入れることになったというのです。

私は詐欺師の言葉に応じません。むしろ真のお父様の御声に応じたのです。それゆえ三大王権がここにあるのです。

聖書はこういいます。たとえこの世のすべてを与えるといわれても自分の魂を引き換えに差し出すな。お父様から頂いたものを引き渡すことなどしません。堕落した者達、家庭詐欺連合の愚かものたちはお金や富と引き換えにお父様を差し出しました。いまやその偽りの王国は崩壊しつつあります。

なぜか。

それは、かの偽りの王国は、サタンとバビロンの淫婦、韓オモニの共調を基礎にした、強欲とクーデターの上に築かれたものだからです。その崩落は避けることができません。

真のお父様を真に信じて侍る人々のことを聖書ではどう描いているでしょうか。大抵の人は広くて歩み心地のいい道を選びます。しかし主を知る者は狭く難しい道を選ぶのです。人は広く安易で皆が行きたがるような道を選ぶかもしれません。

それは神様の道ではありません。

主に続く神様の道は、個人レベルの富、豊かさ、幸福、満足が問題ではありません。ひとたび主にまみえたならば、肩に十字架を背負い嘲りを受け非難され侮蔑されることを覚悟しなければならないでしょう。

キリストが強めて下さり侮蔑と非難に打ち勝たせてくれるでしょう。お父様を追い求め、キリストを追い求める者はキリストの王国で永遠に共に生きるのです。私たちはいまお父様の為に、この困難ではあっても祝福された道を歩いています。イエス様は天国では最も小さい者も、洗礼ヨハネよりは大きいとおっしゃいました。

皆さんが特別だから王国と救いを受けるのではありません。お父様が愛されるゆえに受けるのです。皆さんの友人が悪魔サタンとその異端のあとを歩き続けている時、神様とお父様の聖霊が皆さんをおおうでしょう。

お父様はあなたのお父様に向かう愛を受け取られ、あなたの心情を祝福して下さったがゆえに守ってくださいました。皆さんはありったけの力を出してお父様にしがみついてきたと思っていたかもしれません。しかし全身の力であなたをつかまえて下さったのはお父様であったと今わかったでしょう。そうしてお父様は皆さんをここに導いて下さいました。

私が沈黙を破り、真実を語り始めてから皆さんは私を行き過ぎだ、親不孝者の振る舞いだと皆非難しました。

しかしいつか自分たちが騙され、詐欺と虚偽のサタンの後をついていったことに気づく日が来るのです。苦しい道を避けました。お父様の代身者、後継者の言葉に耳をふさいだのです。

しかし、聖霊が皆さんの心を打ち、開いてくれたのです。否定しようのない真実を悟ることができました。目の前で起きたことに良心が涙を流しその胸は悲しみで破裂しそうになったかもしれません。目を背け、どこかに隠れたいと思ったかもしれません。

しかし心を欺くことはできなかった。目の前で真実が明らかにされるのを見て認めたくない思いでいっぱいだったにもかかわらず、静かに韓オモニに起こった事実を理解し始めました。そのとき、真のお父様から自分の人生がどれほど遠く離れてしまったのかということに気づいたのです。

王の王を忘れ去る人に変っていました。友人を失うことを恐れ、歩みやすい、群の進む道を歩み続けました。あなたの力で戻ることができたのではありません。覚醒の瞬間、超自然的な力があなたを動かしその心に刻みつけられた神様の命令を呼び覚ましたのです。

あなたの心に映るよこしまな思いを見る目を聖霊が開いたのです。お父様の愛が、命の水こそがあなたの盲目を洗い流しここに導いたのです。

その3に続く

翻訳:サンクチュアリNEWS管理人

参考:普通に言う一般教書演説(いっぱんきょうしょえんぜつ、State of the Union Address)とは、アメリカ合衆国大統領が毎年一月、連邦議会の上下両院議員を前に行う演説のこと。国家の現状、情勢 (State of the Union) について大統領としての見解を明らかにすると同時にその政治課題を説明する。Wikipediaを編集

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

元の投稿を表示

異種格闘技戦

先日の礼拝で、柔術訓練の証しがありました。

私は全く武道など経験が無いにもかかわらず、なぜかその内容がまるで手に取るようにわかるような気がしました。

私たちが直面している闘いは、おもに霊的なものでありますが、これからもっと激しくなることでしょう。

神様とお父様と三代王権の存亡をかけた、命懸けのものであることは間違いありません。

二代王様が少年時代に格闘技に傾倒され、今、お父様の伝統を伝授する立場で、若者を訓練しておられる。

全ては繋がっているんですね!

 創世記 第32章24~29節

 

 

実はひと月ほど前にちょっとした成り行きから、家庭連合の米日家庭の先輩に絡まれる出来事がありました。子供の友達のお父さんでもあります。

「絡まれる」としたのは、途中に何回か私が、これは無意味な会話だから一旦止めようと提案しても、待ってましたとばかりにせきを切って執拗に続けようとしたからです。

きっと溜まりに溜まったものがあったのでしょう。熱く鬼気迫るものがあり、「あなたはH2なんだろう?」といきなり突っ込んできました。

率直に何でも言って欲しいと云いますが、自覚の無い(どこから来るのか分からない)不安要素を、私を言い負かすことによって振り払いたいのだと思いました。

それは家庭連合の人と対峙するとよくあるのですが、向こうからすれば、こっちの方が分派なのだからおかしくなければならないのに、

なんだか自信に満ちた姿に、我知らず不安に駆られるといった感じです。そして彼らの共通点は、亨進様が具体的に何を語っておられるかをあえて確認しようとしないことです。イメージが全てなんです。少なくとも知らないなら保留にすべきなのに、イメージのみで全否定してきます。
彼もやはり亨進様を否定し、とりわけ国進様に不信感を持っていました。

彼は〈沈黙を破って〉よりも以前にペンシルベニアまで行ったことがあるのですが、国進様に直接質問をした中で、

「善と悪は交わることはありません」

と答えていただいたのですが、あくまでも善が悪を消化(吸収)すべきだという考えで、納得していません。

息子は何があっても母親に従うべき、ということを含ませて言ってるのがわかります。

お父様はメシヤであっても韓国人であるので、その特色がありお母様を教育しきれていないなど、唖然とする持論をまくしたてます。

もはやお父様と関係ない別の神学に従っているために、復帰摂理がなぜこんなにも延長される状況に陥ったのか、分からなくなっているようでした。メシヤ観も相対主義的見方になっています。メシヤでも間違いはあるというような。

 

私との会話で全ての疑問を解決したいような勢いの中、胃がキリキリし始め肩も緊張で硬直気味なのを感じました。

霊的に激しい問答のすえ、お祈りして終わろうという時、私の首と後頭部の境目あたりに激痛が走り倒れてしまいました。

(もともと受けやすい体質ではあります。肩もみしてあげると手に相手の疲れを感じてビリビリとしたり、怒りの感情をまともに受けると一日中背中が痛くなったりということもありました。)

 

今回も、彼がここ数年抱えてきた教会の中での一連の騒動に対する憤り、言わないけど個人的な悩みの思いも乗っかって、一気に噴き出したんだと思います。翌日まで痛みはあり脈拍も速く、数日あとをひきました。

真っ向から受けて立っていたわけですが、情けない思いやら、いろいろと考えさせられました。

 

先週の説教で、お父様の警護もされた事のある、サンフラン(フランシスコ)さんの証しです。(お父様はサンフランと呼ばれたそうです。)

すべて解き放ちなさい!神をたずねなさい。闘いの目的を自分の栄光に置かず、天で見ておられるお父様に喜びを捧げることを目的としなさい。

韓国にいたときのことです。大きな総合格闘技の大会に出場するためにチームを編成したことがあります。その試合でフランシスコが韓国の選手と戦いました。激しい試合でした。2ラウンド戦った時、フランシスコも相手から一度ダウンを奪ったのですが、復活した相手に壁に追い詰められて、頭を抱えられて激しい膝蹴りを受けました。顔を切り、膝をついてこらえましたがついにダウンしました。すぐに病院に運びました。

息子たちも幼かったですが、信萬と信八は覚えているでしょう。顔を幾針も縫ったのちに天正宮に戻りました。そしてお父様にお会いしたのです。お父様は試合こそ見ておられませんでしたが試合の様子はお聞きになっておられました。訓読室につづく大理石の廊下でお父様とお会いしたのですが、お父様に試合の様子を説明しました。それを聞いたお父様は一言おっしゃいました。

「大丈夫だ。おまえは負けていない」

フランシスコは顔をあげることができず「お父様、申し訳ありません」をくりかえしていました。「お父様をがっかりさせてしまいました」。それを聞いたお父様は

「いや、おまえは負けていない」

とおっしゃったのです。お父様は試合に出たフランシスコの勇気を認めておられたのです。フランシスコは試合に勝ってどうこうしたいという思いでなく、ただお父様の誇りとなりたいと思っていたからです。これは生きた模範です。

サンクチュアリNEWSより「近接する王国」2016年9月11日

 

 

この証しは生きたものであり、とても励ましていただきました。

不足な者ですが、決意を新たにしていきたいと思いました。

心より感謝申し上げます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

パンパンの空気を少し緩めてみよう~

日常生活が毎日忙しく過ぎて行くなかで、シックは結構

真面目過ぎてパンパンになってしまうことがあります。

時には緩めて見つめ直すのもいいかな?
わたしだけかもしれませんが(^^;;

おおいに笑わせてもらいました(o^^o)

天一国一般教書演説(文亨進二代王)8/19/2016 (その1)−リブログ−

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。

もう一つのブログにも転載させていただきます。
http://ameblo.jp/88angelvoice/

サンクチュアリ NEWS

*何回かに分けて掲載する予定です。

天一国一般教書演説 8/19/2016

14045887_928766007233414_1610980686477265081_n.jpg兄弟姉妹の皆さんこんにちは

王冠とローブを身に着けたままでスピーチするのは大変です。スピーチをする時はもっと軽装にしてはどうかというアドバイスを多くの人から頂きました。

しかしお父様が遺(のこ)されたお父様の王権こそ最も重要なものであるということを私たちは理解しなければなりません。サタンの手先のような者達がこの王冠を嘲(あざけ)り、非難しています。

しかしこの王冠はお父様に賜ったものです。1983年、お父様はみ言でご自分の後継者が(天一国)憲法を宣布するであろうとおっしゃいました。誰もこの事実に気を止めることはありませんでした。

お父様が聖和されたのちの混沌と混乱の中、皆さんはお父様を忘れ、楽な道を進むことを選んでしましました。お父様から離れ、別の道を歩くようになったのです。目の前の偽りと虚偽に対してそれを嘘偽りだと叫ぶこともできない人間になったのです。

私達(国進ニムと亨進ニム)がその時、あらゆる非難と嘲(あざけ)りの中、お父様の為に声をあげました。それはまた皆がお父様を忘れ去るという悲しみに耐えなければならない期間でもありました。

今お父様の勝利圏に入り、世界の人々によって建設されるべき天一国で平和な統治の時代に入ったにもかかわらず、身近にいた者達の目がふさがれ虚偽と錯誤に陥りました。その結果私達はいま恐るべき審判の時代に突入しました。

皆さんはお父様を忘れてしまいました。安易な道を選んだのです。訓読会を10時間、時には24時間続けるお父様とともに過ごした頃のことを忘れてしまいました。そして情的欲求に応じるために、なにやら中毒患者のように妄想に満ちた中身のない虚しいイベントの準備に忙しくしているだけではありませんか。

よりお父様に真剣に侍るべきであるにもかかわらず、心の底からお父様を求めるべきにもかかわらず、心が破裂しそうになるくらいお父様に向かって手を差し出すべきにもかかわらず・・・選ばれた民であるにもかかわらず、自らの快適さだけを求めました。お父様の生き方を忘れ去りました。ただ目の前の牧会者から耳に心地よい言葉だけを聞きたがる、そのような者となり、お父様の深刻な御心情を忘れ去りました。

あなた方が偽りの天一国歌を歌い始めたとき、私達(国進ニム、亨進ニム)は実の母にその過ちを直接警告しなければならない立場であることを自覚し天正宮を去りました。

お父様に導かれるまま、カイン、アベルとして荒野にやってきたとき、真の天一国歌「栄光の賜物」を歌うものは世界中で私達だけしかいませんでした。でした。

あなたたちはお父様を裏切った。愚かな詐欺師たちは韓オモニを担ぎ出しクーデターを始めました。

お父様が建てられた三大王権の勝利的基台、勝利したカイン、アベルを嘲り、非難し自分たちの腹を満たすことを神の血統よりも優先した愚かな者達。

これら天一国の背信者は一般食口たちには何も知らせようとはせず、無知のまま放置するよう導いた。天一国国民は天使長の主管のもとにいいように扱われる奴隷であってはなりません。

自由と責任の時代にあって、あなた方は「王と王妃の文化」についての理解を深め、自ら主人意識をもって行動し神の王国でくらす者とならなければなりません。天一国では父親は家族の王様、母親は家族の王妃です。長きにわたって皆さんは天使長、サタンの悪なる統治のもとで生きてきました。

この盗人たちは天一国の王、王妃として神様から与えられた皆さんの所有物と祝福をすべて奪い去りました。神様はアダムとエバが奴隷のような人生を送ることを願ったでしょうか、それとも王、王妃の最初の先祖になることを願われたでしょうか。

家庭では夫は王としての責任を担います。ではその責任とは何でしょうか。それは王権を守ることです。男性たち!あなたたちの責任だというのです。
家族の祭司長としての責任…王には家族を守る責任があります。それはどういう意味でしょうか。それはいつでも自分の王国(家庭)のために死ねるということです。そのために闘える者にならなければなりません。

自分の王権が侵略されようとするときいかに戦うべきかを知っていなければなりません。エペソ人5章にこうあります。「夫は妻を愛し、妻は夫を尊敬しなければならない」

愚かなサタン文化ではそうではありません。神様のみ言は、妻を愛せる時だけ愛せよ、夫を尊敬できる限りにおいて尊敬せよ、ではありません。

夫は妻を愛し難い時においても無条件に愛さなければならないというのです!

これが神様のみ言です。すべて順調で満足いく状況のときばかりでなく、苦難と闘いのただ中、痛みのさ中にあっても神様のみ言は順守しなければなりません。

天一国が創建されるとき、その政府は巨大になることができません。なぜでしょうか。天一国は国民それぞれが自分の王国を築いて王の王に侍る国だからです。王の王のまわりに王が集まる場、千年続くキリストの王国なのです。

この王冠はお父様から授かりました。この価値を理解するために私は悔い改めなければなりません。詐欺師と姦淫する者達はお父様からすべてを盗み取って自分のポケットに入れました。しかし彼らもお父様の王権だけは持ち去ることはできません。

この偽り者の天使長たち…お前たちはお父様の血統と神様の勝利した種をどうすることもできないのだ。

私たちはすべてを置いて王宮を去り、嘲(あざけ)りを受けながらこの荒地にやって来ました。
サタン的天使長たちはすべて手にしたと思ったことでしょう。しかしお父様の真の遺産と勝利を、まもなく自分自身で目撃するようになるでしょう。

物質的な物にだけ価値を置く者たち、何も持たずに荒野に出て行った勝利的カインとアベルを鼻であしらった天使長たち、天一国市民を奴隷にする天使長たち…真実は現れる。

お父様は解放釈放時代を宣布されました。それにもかかわらず、詐欺師たちはメンバーを天使長の口に投げ入れ食らいつくすことでサタンの王国を作り上げようとしています。

そのさなか、すべての関わりを断ってこの荒れ野に来ました。詐欺師たちは私たちの口座に無言でお金を振り込み、オモニから経済援助を受けているという嘘をばら撒こうということまでしました。私たちは韓国に戻って自分たちのすべての口座を解約したのです。すべてのつながりを断って信仰だけをもってこの荒れ野にやってきたのです。

つづく

翻訳:サンクチュアリNEWS管理人

参考:普通に言う一般教書演説(いっぱんきょうしょえんぜつ、State of the Union Address)とは、アメリカ合衆国において、大統領が連邦議会両院の議員を対象に行う演説で、国の現状 (State of the Union) についての大統領の見解を述べ、主要な政治課題を説明するものである。「予算教書」「大統領経済報告(経済教書)」と合わせて三大教書と呼ばれることもある。Wikipedia

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

元の投稿を表示