「アトランタはアンタッカウンだね」

本当に嬉しい情報がありました!

もうすでに主要なブログでも紹介してくださいました。

皆さんありがとうございます。
姜賢實先生がサンクチュアリに来られました!

 

私の中では、大げさでなく

「そうでしょ!そうなるはずですよね、お父様!!」

と言う気持ちで鳥肌立ちまくりです。

この気持ちにはそれなりの、裏ずけといいますか根拠があるんです。

「お父様はどんな時にもかわらずに、役事して下さるんですね?

心から感謝いたします!」

とお伝えしたいです。

 

 

15年以上前にさかのぼりますが、もうすぐ大勢の宣教師が聖職者祝福に向け、日本から動員されてここアトランタにやって来るというときのことです。

忘れることのできない、強烈な出来事がありました。
その当時しばらくここでは水面下で壮絶なバトルが展開していました。

戦いの当事者は、米東南部6州の中心である教区長夫妻と 、韓国人教会の二世の教会長夫妻でした。(この教区長が後にお母様の側近にまで上り詰めるとは…。二世の奥様はカープ開拓功労者の娘さん。)

いわゆるツートップなわけですが、厄介なことはその事実を私以外の誰も知らなかったということでした。

なぜなら、最前線はうちのダイニングテーブルでしたので。

普段はどちらも責任者ですから何事も無いように、公的場面ではつくろいながらもお互いしか感知しない攻撃があったようです。

どちらかというと、教区長が若手の二世教会長をいじめたというのが私の印象です。今的に言えばパワハラでしょうか?

それで実戦は、両方のサモニム(奥様)が交互に我が家に訪れ、お互いの事を言い放って帰るというのが続いたわけなんです。ですからダイニングテーブルが最前線というわけでした。

 

二世のサモニムは霊界のお父さんと交流したりとか霊的に敏感なところがありました。

それで「昨夜教区長(実際は名前を呼び捨て)の霊がやって来た」とか 「(集会の壇上の)教区長がスカル(骸骨)に見えた」とか言われるので、私もおかしくなりそうでした。

 

その事を誰にも言えないという苦しさがありました。当人どちらにも分かったら困るし、ここの最高責任者のことですから…

 

七転八倒しながらも他にも人種間の問題とかいろいろ複雑にありましたので、教会の敷地にある聖地に40日通ったりしながら過ごしていました。

もう直ぐ宣教師がやって来る、どうなってしまうのだろうと不安が押し寄せました。

そんなおり、ふと頭の中でよぎった思いが…

(こんな時、前にも来てくださったアンティグアの国家メシヤの金鎮文先生がお父さんとして来てくださったらいいのになぁ…

あ、でも国家メシヤは今ハワイでお父様の修練会中だからムリだよね〜)

そうしたら、2日もしないうちに
「◯◯さん!お父様がハワイでの修練会を中止して 、全米各州に国家メシヤを送ってくださることになりましたよ!」

と連絡が入りました。そしてアンティグアだけでなく、ロシアの国家 メシヤの姜賢實先生までも送ってくださるというのです。

私は全身身の毛が立つほどの、嬉しいけれど そこまでお見通しですか?!という衝撃を覚えました。

しつこいですが 、これは祈ったわけでも、独り言をつぶやいたわけでもなく、

ほんの一瞬、頭をよぎっただけなんです。

そんなこんなで、二世のサモニムが 姜賢實先生 に問題を相談しながら、

「あの人たちに言うことはできないので(どうにもならないので)、あなたが忍耐しなさい」

とご指導くださいました。

宣教師にも全体的に見守って くださりながら、その動員期間を過ごすことが出来たのでした。

 

先生がたが ニューヨークで行われた祝勝会に行かれ、お父様に

「アトランタから来ました」と姜先生がおっしゃったら、

「アトランタ…アンタッカウンだね」

と、お父様がおっしゃいました、と報告してくださいました。

それを聞いた私は、「やっぱりそうなのか…」とさらに深刻さを実感したものです。

腹をくくってかからなければならないのかと…(ー ー;)

 

아틀란타(アトランタ)=Atlanta

안타까운(アンタッカウン)=切ない

 

お父様がよくされる、言葉の音の語呂合わせ?だと思いますが、

音が似ているのかと突っ込まれそうですが、

「切ない」という意味は

どんぴしゃりであると実感したものです。

 

 

ということで、皆さんにお伝えしたい内容は

お父様がその様な方であるということでした。

このことは私が話さなければ、誰も知らずなんでも無いこととして流れるものです。

実際、うまく伝えようとして試みたことはありましたが

私の足らなさゆえに簡単に聞き流されてしまったことがあり、

お父様を証しきれないことの不甲斐なさを思い知らされました。
この度、姜賢實先生が二代王様、勝利されたカインとアベルのもとに戻って来られたのも、

まさにお父様の導きであると、あらためて感動いたしました!

ご本人もそうおっしゃいましたね。
懐かしいお父様、心から感謝申し上げます。

言葉では足らないほどです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

広告

「アトランタはアンタッカウンだね」」への2件のフィードバック

  1. 姜先生に御指導を頂いた経験はありませんが、お姿を拝見して涙が止まりませんでした。
    お父様は初愛を決して忘れない方ですね。素晴らしい証を有り難うございます。ブロク“へのコメントも感謝します。大関

    いいね

    • こちらこそありがとうございます

      日本や韓国で皆さん頑張っておられる中
      模索中です。

      亨進様がよく言われるように
      勝利はお父様によってもたらされると
      信じて地味な中にも不退転の思いで歩んでいきたいです。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中