全ての歴史は現在に至るまで脈々とつながっている!

韓国側がアメリカの支援で THAAD (アメリカ陸軍が開発した弾道弾迎撃ミサイル)を配備すると決定したことを受け、中国にあるロッテデパートなど韓国系の店舗などを閉鎖させたといいますから、北朝鮮の背後の巨大な軍事勢力を持った中国が本気であると分かっていきてます。

東シナ海開発の問題もあります。

1 近年,中国は,東シナ海において資源開発を活発化させており,政府として,日中の地理的中間線の中国側で,これまでに計16基の構造物を確認している。

2 東シナ海の排他的経済水域及び大陸棚は境界が未画定であり,日本は日中中間線を基にした境界画定を行うべきであるとの立場である。このように,未だ境界が画定していない状況において,日中中間線の中国側においてとは言え,中国側が一方的な開発行為を進めていることは極めて遺憾である。政府としては,中国側に対して,一方的な開発行為を中止するとともに,東シナ海の資源開発に関する日中間の協力について一致した「2008年6月合意」の実施に関する交渉再開に早期に応じるよう,改めて強く求めているところである。中国による東シナ海での一方的資源開発の現状 外務省サイトより

IMG_0622

【韓米同盟が崩れれば中国属国は時間の問題】の横断幕を持って闘った韓国聖殿の食口たち

 

 

以下チャンネル桜という動画サイトからです。

驚くような内容もありましたが、亨進様が語ってくださることの理解を深めるのに役立った気がしました。常に名指しで批判されている政治的悪魔崇拝者のこともでてきます。

この討論会は当然ながら日本人としての視点で語っていますが、歴史の流れから分析しながら、韓半島、中国など東アジアの現情勢を理解する上でも勉強になりました。

歴史の流れと世界のつながりというものが偶然の産物ではなく、その時代のある人物たち(悪なら悪の)を通して具体的に展開して来たんだなあと思いました。

そして現在私たちが直面している現実と、途切れる事なくつながっているんですね!

この討論会の中で、いかに意図的な情報操作により最悪な流れに誘導されて来たかということも理解できました。

このような本当の事を語ってくれる知識人の声が一般の人にもっと浸透して、一人一人が真実を見抜けるようになったら、と願うものです。

 

かなり長いです。途中二回の休憩が入り約一時間ごと三回に分けています。

 

いくつかのよく分からなかった用語

通州事件(つうしゅうじけん)とは、1937年(昭和12年)7月29日に中国陥落区の通州(現:北京市通州区)において冀東防共自治政府保安隊(中国人部隊)が日本軍の通州守備隊・通州特務機関及び日本人居留民を襲撃した事件[9]。通州守備隊は包囲下に置かれ、通州特務機関は壊滅し、猟奇的な殺害、処刑が行われた[9]。通州虐殺事件とも

コミンテルン(ロシア語: Коминтерн、カミンテールン、ラテン文字転写例:Komintern、英語: Comintern)は、1919年から1943年まで存在した、共産主義政党による国際組織である。別名第三インターナショナル。

スカル・アンド・ボーンズ(Skull and Bones、S&B、頭蓋骨と骨)はアメリカのイェール大学にある秘密結社。「The Brotherhood of Death」の異名がある。会員名簿は公開されている。ウィリアム・ハンティントン・ラッセルと、従兄弟のサミュエル・ラッセルが1832年に設立した。また彼らはラッセル商会とカルパーリングをも創設した。

サスーン家 (Sassoon_family) – ユダヤ系の名家。
ダーウィード・ベン・サスーン(1792年 – 1864年) – 銀行家・商人。イラクのバグダードに生まれ、ボンベイに移住し、イギリスの東洋貿易に多大な貢献をした。特に阿片戦争のきっかけとなった当時のアヘン貿易において重要な位置を占めていた。
アルバート・アブドゥッラー・サスーン (Albert Abdullah David Sassoon) (1818年 – 1893年) – ダーウィードの息子。慈善事業家・商人。彼の代でケンジントン・ゴア準男爵の爵位を得た。インドの星勲章およびバス勲章を授与されている。
エドワード・サスーン (Edward Sassoon) (1856年 – 1912年) – アルバートの息子。政治家。庶民院議員。ケンジントン・ゴア準男爵。ロスチャイルド家の女性Aline Caroline de Rothschildと結婚した。

ヘンリー・ルース(創始者)ライフ(Life)はアメリカで発行されていた雑誌。写真を中心とした誌面で「グラフ雑誌」と言われる。フォトジャーナリズムという文章記事よりも写真を中心に報道・言論を構成しようという考え方はすでにヨーロッパ(特にドイツ)で試みられていた。ライフ誌はカメラマンをスタッフという専属的な所属とし、撮影から記事・レイアウト等の編集のスタイルを一貫させ、「フォト・エッセイ」と称した。第二次世界大戦前から戦後復興期、テレビの本格普及前までが黄金期で、アメリカの思想・政治・外交を世界に魅力的に伝える媒体であった。

チャイナ・ハンズまたはチャイナ・ハンド(China Hands)とは、第二次世界大戦前後にアメリカ合衆国国務省で東アジア外交を担当した中国通の外交官の総称。外交官の他に軍人、ジャーナリストや学者も含められる場合がある。

ハリマン桂会談  1905年8月29日に日露講和条約の締結が決まった(調印は9月5日)。
10月12日、ルーズベルト米大統領の意向を受けて来日したアメリカの鉄道王エドワード・ハリマンと、首相の桂太郎とが会談し、南満州鉄道の経営に関する覚書に合意した。南満州鉄道を日米で共同経営する構想で、元老の井上馨や財界の渋沢栄一も賛成していた。
しかし、日露講和会議から戻った小村寿太郎はこれに猛反発し、この覚書は破棄さた。
これを機に日米の対立が深まっていった、とみる説がある。

アイリス チャン

客家(ハッカ)

 

 

皆さん興味深い話をされていますが、河添恵子氏の本が気になってしまいました。

一連の流れがトランプにつながっていると言っています。

  ワニブックス オフィシャルサイト

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

MARCH 4 TRUMP トランプのための行進

別のカテゴリーのブログで載せましたが、韓国聖殿への少しでも応援の気持ちを込めてこちらでも載せたいと思います。

去る2017年3月4日に、全米各地においてトランプ大統領を支援するための集会と行進がありました。

これは以前の記事で紹介した、ジョージ ソロスが資金を出してるとされる「ウーマンズマーチ」という、反トランプの動きに対抗する内容として参加者を募り行なわれました。
March4Trumpローカル開催地

残念ながら私の住んでる近くではやらず参加できなかったのですが、ワシントンDCでの集会にグラミー賞授賞式でトランプ大統領を支援するデザインのドレスをまとい、センセーションを起こした、歌手の Joy Villaジョイ ヴィラが招待されました。

本人のYouTube アカウントからです。

Andre Sorianoアンドレ ソリアノ氏(フィリピン系移民のゲイでドレスのデザインをした)による紹介から

…..以下ジョイのメッセージ…..

皆さんアンドレ ソリアノに大きな拍手をお願いします。(彼は)アメリカ人デザイナーですよね?!

皆さん、どうですこの素晴らしい光景は! いろいろな人種、信条、宗教が集っています。トランプと国を支持する、男性と女性そして子供たちです。アーメン!

私たちはアメリカ人です。一つになっていますので再びアメリカを偉大にします。

今日、私をキーノートスピーカーとして招待し、この一員にしていただいたことを、Peter Boyken ピーター ボーイケンに感謝します。本当にありがとうございます。とても光栄です。

私とアンドレのためツイートでリツイートしてくださり、アルバムを購入して応援してくださったお一人お一人に心からお礼を申し上げます。”I love you guys” 彼らの(攻撃の)思いが私たちに届くよりも早く、皆さんの愛の波が動きはじめました。ですから今日参加することになりました。愛と団結を望むからです。

多くの人が今「団結」を唱えるのは何故でしょう?それはこの国が分断されているからです。そして団結することによって強くなれるからです。分断は破滅です。破滅する訳にはいきません。私たちは破滅に向かいますか? (No!) そうはなりません!

アメリカ人として大統領の下に団結するのです。大統領を支えるのです。私がグラミー賞授賞式でまとったドレスは、アンドレと私がたとえわずかでも、大統領に小さな愛の寄付を贈ろうと思って決めた事です。(拍手) ところが(皆さんから)このような沢山の愛をいただくとは思いもよりませんでした。多くの感動を受けました。これほど影響を及ぼすとは知りませんでした。

一人一人の声無き声を聞くようになり、もうSilent Majority (物言わぬ多数派) ではなくなりました。もう二度と沈黙したりしません。イジメられ唾を吐かれっぱなしではないです。大統領を応援できないとは言わせません。彼は当選したのであり、選挙はとっくに終わっています。好きでも嫌いでもれっきとした私たちの大統領です!そうです!

マーチフォートランプがヘイト(反対派)に教えてあげましょう。そのためにここに来ました。私たちは平和的な抗議をします。乱暴をしたり憎んだりしません。誰も傷つけたりしません。ただ一緒に参加するのみです。美しく団結しましょう。それが(本来の)この国の姿です。私たちは一つになります。

移民は合法的に入国出来ます。私たちの大統領と制度に従うべきです。私たちは移民を歓迎しています。この国は移民によって成り立っているのですから。法制に従って。アーメン!

私たちは神を第一に立てます。そして神がアメリカを第一にとされるのです。常に神を第一にすることによって強くなれたのです。一つになって寛容さを説きます。

あなたが望むいかなる信念体系でも私たちの国に来ることが出来ます。全ての国がそうではありません。多くの国では投獄されたりします。大統領を攻撃する発言などできません。アメリカでは言ったとしてもそれだけでは法的に拘束されることはありません。驚くべきことです!

アンドレと私は暴力が及ぶことを認めるわけにはいきません。駆り立てる愛と寛容さを伝えてきました。相手を嫌う言葉を使うことはないでしょう。愛し合う姿を見るようになります。私たちの人々はアメリカ人ですから、アメリカを大統領を愛しています。

団結が起きなければなりません。私は心から「国」として癒やしたいのです。ここに集まった皆さんも大統領を愛すると私は理解しています。団結、一つになるとはどの様なものなのか国民の皆さんに見せてあげるために、ご協力をお願いしたいのです。

笑顔、愛情、抱擁

友人の中でいまだに大統領を受け入れられない人がいたとしても、愛しますと伝えます。それが私たちのすべきことでしょう。筋書きを変えるのです。この戦争を憎しみによってではなく愛によって戦い勝つのです。寛容さと団結。

私は皆さんひとりひとりを愛します。個人的に交わりたいと思っています。皆さんと共に誇りを持って行進します。トランプ大統領のために行進します。

この美しいワシントンDCにおいて。

アメリカは素晴らしい!

img_0614

こちらは別の場所の様子。途中ウーマンズマーチのシンボルでもあるプシーハットを被った女性が邪魔しに登場しています。

後から気付いたのですが、車から身をのり出して手を振って声援に応えてるのはもしかしてトランプ大統領ご本人?ここはニューヨークということでしょうか。

 

 

インフォウォーズのレポーターがテキサス州オースティンに参加したところ、黒ずくめのアンチトランプと遭遇します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

The King’s Report 2/21/2017 韓国に戻る若者達に向けて

 

 

昨日の朝、二つ目のセクションの後かなり長い休憩だったのですが、この日韓国に戻る若者達にお別れの時間をとっておられたようでした。

その内容を語られた部分になります。

 

わからないところもあり、つたない翻訳ではありますが…

The King’s Report  2-21-2017   約7分間(1:29:05~1:35:52)
ブレイクタイムが長くなってすみません。テクニカルの問題ではありませんでした。韓国全体の代表団として若者の皆さんが二週間ここで私達と共に過ごしました。彼らはブラジリアン武術、格闘技の訓練、人生で初めて銃を撃つ経験をし、森の中で火を起こしました。これから帰る彼らの国では違法活動にあたりする事ができません。ですが、これらのことは当然の天一国市民の権利です。神の王国で市民は全てを所有できます。これは当然の人類の権利です。

 

私は彼らが今、天一宮を出発するのを眺めながら、しかしこの若者達にとっては、
現在韓国で革命が起こっていてとてつもない混乱の中にあることを思います。(大統領の問題など)  中共らが乗っ取ろうとして、中国共産党が買い占めています。同時に韓国の左派が台頭しています。
それで今回ここに来た若者達が韓国に戻って、できるならyoutubeチャンネルで自分で自分の意見を発信することを願っています。そして、共産主義者を論破してアベル的な革命のために、聖殿のお父様の権威の元に立つ全ての者が強固な韓米同盟とトランプ大統領を支持することを世界的な運動にすること。世界規模に。
なぜなら、神様とお父様が(御旨)成就のため働いてくださっていたとしても、第二代王と三代王権とカインとアベルの私達は全てを失いました。

 

聖霊による人々の運動、真実に主によって導かれた人々がお父様の権威のもとに立ち上がり、迫害を受け、後ろ指を指され、忌み嫌われてたとしても、条件を満たしたために今世界規模でただサンクチュアリの者達だけが、お父様の権威のもとにあり祝福圏にあります。

 

そして二代王、三代王権、(勝利された)カインとアベルの天一国。世界中で今、この伝達を受けたあなた達だけが、それぞれの国において立っているのです。世界の中のみなさんの国家において、今人類の主権と革命のために立ち上がります。

 

家庭詐欺(連合)のようなところは病み、犯罪、異端、淫婦、権力に屈して。ただヒラリーなどの悪者、悪魔に着いて行こうとして、韓オモニと教権者が邪悪な悪魔的な政治的悪魔崇拝を支持している。そして、淫婦となった家庭連合も過激なジハーディ、政治的悪魔崇拝左派に売り渡し。

 

もちろん今はトランプが勝ちましたので、ひとつひとつ勝利圏を取り戻しています。もちろん嘘つきもいて、「私はずっとトランプを望んでいたよ」というふりをしています。なんて詐欺師でしょう! 嘘がバレバレです。明らかに嘘つきであり、明らかに淫婦であり。
人類を導いたことがただの一度もない者であり。ただ、彼らは…老朽化を繰り返し(?)

 

しかし摂理はお父様と共に、神の王権に、天一国に、立った者である勇気ある青年達の現実の事態となっています。私達には天一国憲法もあります。

 

彼らは限られた二週間の予定にもかかわらず、韓国とトランプ(米国)同盟を支持するために昨日もデモをしにニューヨークに出かけました。トランプタワーや国連本部前などあちこち行ったようですが、私は指示もしていません。スケジュールを調整しながら、祖国のため立つ若者の条件として、彼らが望んで行動しました。

 

たった今彼らに伝えたのですが、若者達は年配者にはわからないようなインターネット・SNSを使いこなすスキルや専門用語、プラットホーム(動かす環境)を理解しています。

ですから彼らはそれらを活動に使うべきです。

自分の意見を発信してください。政治的悪魔崇拝に共産主義、左派に声上げて対抗してください。

もちろん、韓国の保守右派も支配層右派ですが実は左派の一部です。なぜならば明らかに彼らもまたグローバリズムに伝導されています。

アベルタイプの保守をつくらねばなりません。アベル的に勝利するためです。

(本来の)保守を取り戻さなければなりません。そして国を取り戻すのです。
韓国にいる人にとってとても深刻な時を迎えています。みなさんの為にお祈りします。

 

彼らは国を取り戻す為に緊迫した時に直面しています。そして彼らは影響を与えることでしょう。

ただ単に改善するだけではありません。それだけでは充分ではありません。

神の国の方針に従って改革されるのです。

 

今、全世界の王国に福音は説かれました!!

 

休憩時間を延長して子供達に思いをかけました。

帰ったならば彼らの世代が新世代のパイオニアになります。

ですから彼らのために祈りましょう。

神様が彼らを来るべき千年王国にもちいてくださるように、ある子はまだ10代でしたね。

次世紀にもつながってゆくように。

 

この地球全体を覆い尽くすために革命を拡散していかなければなりません。

 

 

この日の王様

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

「皆さん、これはムーブメントです!」

この言葉はトランプ大統領が選挙演説の中で何度も言っていました。

就任演説の中でも、


You came by the tens of millions to become part of a historic movement the likes of which the world has never seen before.

何千万人もの皆さんは、世界が今まで見たこともない歴史的な運動の一部になるため、参加しました。

という表現をしていました。


私は毎日、違う会場で

「皆さん、これはムーブメントです!」

と力説される様子に

お父様が全米を駆け抜けられた

50州講演ツアーを思い出しました。

確かにお父様が働いておられる

そうでなければ

この混沌とした中に

360度からの総攻撃を受けながら

ここまで確信を持って

立ち上がることができるでしょうか?
時々 、王様の説教のビデオを見ましたか?

と感じることもありました。

このムーブメントが全米のみならず、全世界に広まっっていくことを願うばかりです。

先あたって、ジェームズ マティス国防長官が韓国と日本に訪問に際し

サンクチュアリメンバーが決起して、ムーブメントを起こしてくれています。

私達海外にいる者も全身全霊を持って応援いたします。📣
まだまだ、メディアによってミスリードされた状態ではありますが、

生きて働いてくださる

神様と

真のお父様が

共にあってくださいます!
このまま登り調子で加速して

頑張りましょう!

I’m proud to be an American 就任式前夜祭にて

Lyrics

If tomorrow all the things were gone

I’d worked for all my life

And I had to start again

With just my children and my wife

I’d thank my lucky stars

To be living here today

Cause the flag still stands for freedom

And they can’t take that away

And I’m proud to be an American

Where at least I know I’m free

And I won’t forget the men who died

Who gave that right to me

And I gladly stand up

Next to you and defend her still today

Cause there ain’t no doubt I love this land

God bless the USA

From the lakes of Minnesota

To the hills of Tennessee

Across the plains of Texas

From sea to shining sea

From Detroit down to Houston,

And New York to L.A

Well there’s pride in every American heart

And its time we stand and say

That I’m proud to be an American

Where at least I know I’m free

And I won’t forget the men who died

Who gave that right to me

And I gladly stand up

Next to you and defend her still today

Cause there ain’t no doubt I love this land

God bless the USA

And I’m proud to be and American

Where at least I know I’m free.

And I won’t forget the men who died

Who gave that right to me

And I gladly stand up

Next to you and defend her still today

Cause there ain’t no doubt I love this land

God bless the USA

Written by Lee Greenwood • Copyright © Universal Music Publishing Group

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村