悪は組織的に関連性をもって起きている

90年代終わり頃より、日本から宣教師が来て全米各地に継続して投入してくださっていました。

2000年代に入ってからは、主に牧師伝道に焦点を定めて、教会訪問をし続けていました。

私も運転手兼ねてよく同行させていただきました。

ある時、私にとって生涯忘れられない、激しく衝撃を受けた体験がありました。

 

アメリカ東南部、南北戦争の戦場であり、のちに公民権運動で有名なマーティン・ルーサー・キングJr.牧師の生誕地でもある、ジョージア州アトランタ。

まだオリンピックが終わって数年の時です、にわかに開発されたことによるとばっちりを受けた、ダウンタウン周辺の貧しい街の教会を訪問して回りました。

その街で目撃したのは、よれよれの服の幼い黒人の女の子が、古くなった家を潰して出来たような空き地で妹らしき赤ちゃんをお守りしている姿でした。

何日か後、郊外の高級住宅街の教会訪問をしました。ある教会の建物の中に入って行くと、その日はちょうど水曜日の聖書学習会があり、今までずっと通ってきながら穏やかに過ごしてきたのかなと感じる、白人のお婆さんが目に留まりました。

これは一体どう受け止めればいいのか?

かたや70年以上恵まれた環境の中で生きてきた、

一方でこの瞬間にも苦労のただ中にいる幼い子。

(私の中で妄想が膨らんだのもありますが)

法律的に公民権が認めらて40年近くたっていても、破壊された道徳や尊厳を取り戻すのは気が遠くなるようなことではと思いました。

なぜなら、その背景には長年の不平等な教育と貧困によるモラルの低下。薬物、十代の妊娠出産、シングルマザーなど問題が深刻で複雑であり、出口のない迷路のようだからです。

この後私は、何とも言えない思いになりました。心が苦しく、やるせない感情を抑えることができませんでした。それは現在も引きずったまま残っていて、時々かさぶたを剥がされたような出来事があると、ヒリヒリとしています。

 

赤ちゃんのお守りを一人でしていた6歳ぐらいの黒人の女の子

この歳までずっと恵まれてきたであろう白人の上品なおばあさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在も日常の中では何事もなく過ぎて行っているように見えても、根深く横たわっている問題だと思います。事件という形で頻繁にあらわれています。

 

亨進様の説教の中で何度となく語られていることですが、この理不尽な現実がいつまでも改善されないのは、悪意を持って意図的に仕組まれたためであると知るようになりました。

皆さんの中で「陰謀論信奉者」と呼ばれた人はいますか。私は自分が陰謀論者だと呼ばれるとき、ではあなたはこの世の悪に関しては「偶然論者」ですねと応えます。悪は組織的に関連性をもって起きているのではなくすべて「たまたま」「偶然に」起こっていると考えているのですねと。それはあまりに非論理的でしょう 天国の種をまく人 (亨進様 2016年4月17日)より

 

同時に私たちは妊娠中絶医院の歴史を学びました。マーガレット・サンガーがプランド・ペアレントフッドの創設者です。以前の説教で話しましたね。映画「Hillary’s America」でも登場しました。彼女はひどい白人至上主義者であり、WKKK(訳注:「クー・クラックス・クランの女性たち」と呼ばれるクー・クラックス・クランの補助団体の一つ)にも加わっていました。それを動かしていたのはもちろん民主党だったわけですが、皆さんも映画を見て実際の歴史を理解すべきです。彼女はひどい人種差別主義者で、黒人を抹殺することを望んでいました。リンドン・B・ジョンソンや他の民主党の人種差別主義者と一緒にです。それで、プランド・ペアレントフッドや妊娠中絶医院の問題というのは現実にはどこに優位な点があるのでしょうか。それは少数派の人々に対してです。黒人やヒスパニック系、そして今はアジア人も、ベトナム、カンボジア、といった東南アジアを含めて、それらの人々の赤ちゃんを中絶するためです。このすべての運動の創設者が言ったことは、「黒人を根絶させたい」ということだったのです。それがプランド・ペアレントフッドの創設者です。祝福された王国(文亨進様2016年7月24日)より

クー・クラックス・クラン(KKK)アメリカ秘密結社白人至上主義団体。
マーガレット・サンガーアメリカ合衆国産児制限(受胎調節)活動家であり、優生学のある側における唱道者であり、「アメリカ産児制限連盟」(American Birth Control League、後のPlanned Parenthood)の創設者である。

 

 

l映画「Hillary’s America」予告編

 

この様な映画が公開されるようになったということは、もう隠しきれなくなってきているということでしょうか?

 

 

キング牧師 ・死の前日のスピーチ・山頂に達した・1968年4月3日

 

キング牧師も真のお父様が言明された「霊連世協会」を通じて、活躍されておられるのかもしれません。

 

リオオリンピックで金メダルを手にした、アメリカ体操 シモーネ・バイルズ選手

Rio Olympics Artistic Gymnastics Women

United States’ Simone Biles, gold medal winner, stands for her national anthem during the medal ceremony for the artistic gymnastics women’s individual all-around final at the 2016 Summer Olympics in Rio de Janeiro, Brazil, Thursday, Aug. 11, 2016. (AP Photo/Dmitri Lovetsky)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

とても切ない場面

お父様とお母様がよくデュエットで歌われるお姿を、私たちシックは本当に嬉しく拝見していました。

昔はU-ONEニュースだったでしょうか?

前線の歩みで疲れきっていた心が、癒される場面でもありました。

亨進様と国進様が晩年のご様子を明かしてくださるようになって、お母様がお父様から離れていかれた事実を知ることになりました。

以下で違う年代のデュエットを見比べて見ましたが、明らかにお母様は変わっておられました。

お父様はずっと変わらずお母様を見つめながら歌われておられるのに…

本当に切なくなってしまいました。

*****

1980年1月1日神の日祝賀会 ニューヨーク【お父様がリズムを変えながら歌われ、お父様を見つめながら健気に合わせておられるお母様】

*****

2007年3月19日 ハワイにて【8:49お母様の歌の後お父様とのデュエット。そのままお母様の肩を抱かれながらみ言葉を語られるお父様】

*****

2012年5月18日新氏族メシア3600名原理本体論30日特別教育の開会式 清心平和ワールドセンター【28:07お父様のお気持ちはデュエットと思いますが、お母様はソロで熱唱という様子】

*****

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

1989年の写真 -真のお父様を偲んで-

慶 真のお父様の権威に戻るための祝福、3000双勝利おめでとうございます‼ 

8月30日の時に私自身も目撃し体験しましたが、やはりこの度も、二代王・亨進様にお父様が顕現なさったようです。

【映像】第二代王・文亨進様のみ言-礼拝後の懇談会 サンクチュアリ教会Facebook日本語訳サイトより

長い間、とりわけこの3年半の間、待ちわびていた瞬間だったので、感慨もひとしおだったのではないでしょうか?!

 

****************************

 

感謝の気持ちと懐かしい思いを馳せながらお父様の昔のお写真です。

今から27年近く前、1989年6月19日龍仁にあったメッコール工場内研修センター 6500家庭特別集会にて

 

 

お父様「日本が今大変だというのですが、助けるべきなの?助けないの?」

私と同じ班だった兄弟「助けるべきでーす!」

 

この返事のせいではないと思いますが、当時世界日報の奉仕員として歩んでいた私たちは、この集会の時に日本への帰国が決まりました。

 

19891 (999x694) (999x694)

img_0109-1

この集会は日本人対象だったのですが、相対者と一緒に紛れ込んでいた韓国人男性を発見されて…「お前は韓国人だろう。なぜここにいるか?出なさい!」と険しい表情をされたお父様。

19892 (981x686) (2)

19893 (679x990) (2)19895 (997x708) (2)

19896 (700x989) (2)

夫と私の後頭部が写りこんでいます(笑)前から3列目でした。

19897 (999x682)

親しげにお話ししてくださった後、「世界の祖国を求めて」と題されて、摂理的み言を語られました。

198910 (987x686)198911 (989x683) (2)

198912 (991x677) (2)

汗びっしょりになられてみ言を語って下さいました。

198913 (993x676)

研修センタ―内は超満員となり、スポットライトをまともに受けておられるお父様は、本当に熱くてたまらないのです。

198914 (993x694)

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

The Ten Commandmens

映画の「十戒」のことです。セシルB.デミル監督、チャールトンヘストンとユルブリンナーの。

皆さんも観たことありますか?

 

これと初めて出会ったのは、

小学6年最後、リバイバルを映画館で鑑賞したときです。

見終わり、涙が流れました。

モーセがかわいそう、ヘブライの民何で~と子供心に思いました。

 

すっかりはまりパンフも買い、あらすじをみると

「出エジプト記」よりとあるので、聖書と知りませんから本屋で探しました。

中学生の時岩波文庫版を購入。ついでに「モーセ」というのも購入。

最初の出会いから6年後、霊の親に出会い

ビデオのリストの中に ✨モーセ路程✨ とありましたので

それを見るためにコース決めました。

 

 

 

そのせいでしょうか

真のお父様とモーセが重なるときがあります。
現在も

亨進様と國進様がヨシュアとカレブに重なるときがあります。.

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

わだつみは蒼く澄みたり

 

20代初めのころ、衆議院議員候補者(教会の)の後援会事務所にいたことがあります。

担当した地域の支持者に、特攻隊と回天から生き延びた方たちがいました。

その方たちの話を聞いて驚いたのは

とても明るく前向きで、戦争時のことを恨みに思っていないことでした。

どんな状況の中にあっても、主体的に生きるということが、

どんなに大切かということを強烈に教えられました。

 

お二人は生きて家庭を持たれお孫さんまで生まれましたが

一方では多くの方々が犠牲になりました。

世界中の人々が。

img_0081

世界日報社会部/泰流社

 

昔読んだお父様のみ言の中に

-太平洋に散っていった、たくさんの若者たちの魂を救ってあげなければならない-

とありました。

その時静かな感動を覚えたものです。

 

去る12月6日、ペンシルベニア州ニューファンドランドにあるサンクチュアリ教会で、文亨進様ご夫妻による210代先祖解怨祝福式が執り行われました。

それを境に霊的雰囲気が変わってきているそうです。

洋介さんのブログ

お父様のご意志がこのようにしながら成されていくのだろうと感じました。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村